〜 卓越した品質へ 〜

自作のソフトウェアドライバを開発して,Windows10 (64bit)にインストールしてみました。ドライバはコードサイニング署名をしていないとインストールすることができません。今回はテスト署名を実施してインストールしようとしています。

ビルドに成功して,テスト署名を付加したCATファイルを作成しただけでは正しくインストールすることができません。次の手順で,PCをテストモードにして,デジタル署名を無効にするとインストールができるようになります。

1.Windowsをテストモードにする
2.ドライバー署名を強制しない

1.Windowsをテストモードにする
コマンドプロンプトを管理者モードで起動して,テストモードへの移行コマンドを実行します。
> bcdedit /set TESTSIGNING ON
 
元に戻すには次のコマンドを実行します。
> bcdedit /set TESTSIGNING OFF

このコマンドは,セキュアブートを無効にしないと実行できないので,次のサイトを参考にしながらセキュアブートを無効化します。

〇MSのサイト
https://msdn.microsoft.com/ja-jp/library/dn481258.aspx

2.ドライバー署名を強制しない
[Shift]を押しながら再起動を実行します。するとPCの設定変更画面が出てくるので
[トラブルシューティング]-[詳細設定]-[Windowsのスタートアップ設定]
を選択します。
ファンクションボタンで,[ドライバー署名を強制しない]を選択します。

この状態にしてドライバをインストールすると無事にインストールすることができました。
・・・ほかのやり方もあるかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.