〜 卓越した品質へ 〜

先日のブログで,iPhoneのWi-Fi接続で特定のSSID名を入力するとWi-Fi機能が利用できなくなり,復旧するにはネットワーク設定をリセットする必要があるというバグを紹介しました。これについては,ネットワーク設定をリセットで復旧するので,(面倒ですが)まだマシだったようです。
このニュースの続報で,特定のSSID名を入力するとWi-Fi機能が利用できなくなるのは同じですが,復旧手段がなく工場出荷状態に戻す(iPhone自体をリセットする)しか方法がないものがあることが判明しました。Gigazineで紹介しています。

先日のブログで紹介したバグは,SSID名が[%p%s%s%s%s%n]のネットワークに接続すると,Wi-Fi機能が利用できなくなってしまいました。今回紹介されているのは,同じように特定のSSID名です。そのSSID名は[%secretclub%power]です。単語としても読めそうなSSID名なので,騙されないようにしなくては。と思いました。

やっぱり,知らないネットワークに接続するのはやめましょう。というのが教訓になりそうです。iPhoneについては特にSSID名に[%]がついているネットワークは,かなり大きな危険を伴うと考えておいた方が良さそうです。[%]はプログラミングの世界ではエスケープ文字と言って特殊な役割をする文字なので,このようにiPhoneのWi-Fiを使えなくしてしまうような文字列は,他にも大量に存在するんだろうなぁ。

試してみたいけど,iPhoneは1台しかなくメインで利用しているのでできない(笑)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.