〜 卓越した品質へ 〜

私はPCを頻繁に利用するようになってから視力が一気に落ちました。2.0から0.4くらいまで激減です。歳のせいもあるかもしれませんが,よく言われている液晶画面から出るブルーライトも原因の一端にあるのかもしれません。ですので,PCなどの液晶画面を見る時は,ブルーライト低減メガネをかけています。

そんな中,Windows10に「ブルーライト低減機能」がついたとニュースで読んだので,さっそく試してみました。

まずは,Windows10 Insider Preview 14915をダウンロードします。これは,Windows10のInsiderプログラムに参加することで入手可能です。製品版はWindows10 14393ですので,その次のリリースバージョンということになるようです。

Insider Preview Build 14915をインストールしてみました。
Build14915

ところがところが,通知領域にブルーライトに関する項目は追加されていませんでした。。。
NotificationArea

なぜだろう?Cortanaに聞いてみましたが,知らないようです。日本語版は未対応ってこともなさそうですし。
Gigazineのリンクを辿っていくと,「Windows.Data.BlueLightReduction」という機能が次期バージョンに追加されるようです。

この機能を実装したデバイス(ディスプレイ?)だと,ブルーライト低減機能が使えるようになるのかもしれません。結局はよくわからなかったってことです。

2018年2月18日追記

ブルーライト低減機能は,「夜間モード」という名称で実現されました。通知バーの「夜間モード」をONにすると画面から青みがなくなり,全体的に赤い色の画面になります。確かにブルーライトが軽減されているのがわかります。。

設定画面から夜間モードを設定すると自分の好きな時間外を夜間モードの表示にすることができます。

[スタート]ボタンから[設定]画面を開きます。
[システム]を選択します。

[ディスプレイ]メニューで[夜間モード]の設定ができます。[夜間モード設定]リンクをクリックします。

[夜間モードのスケジュール]をオンにすると,時間の設定をすることができます。

これで目の負担が低減されるのかは謎ですが。。。

Windows10のブルーライト低減機能」に2件のコメント

  1. パソコン万年初心者 より:

    初めまして
    最近パソコンを買い換えましたが、windows10は分かり難くて毎日疲労困憊ですが
    私の場合はデェイスプレイの設定の中にブルーライトカットという項目がありました。
    それをonにしましたら、即有効になりとても使いやすくなりました。
    でも、まだ訳がわからないのでパソコンをいじくり回していたら設定が変わってしまったようです。
    その後、再設定をしようとしましたが、
    画面にワンクリックのブルーライトカットが現れないので苦慮しているところです。
    どうしてなのか未だに謎です。
    以上、ご報告まで。

    • over320 より:

      ご連絡ありがとうございます。
      パソコン万年初心者さんのPCはブルーライト低減機能があるんですね。羨ましい。
      ブルーライト低減機能はPCやディスプレイの機種によって異なる機能なのかもしれません。
      私のLet’s noteはWindows10 Creators Updateに更新しても,やはりブルーライト低減機能は出てきませんでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です