〜 卓越した品質へ 〜

MicrosoftのWindows 10 Mobileを開発していた幹部が,Windows 10 Mobileの開発を終了させてしまうと話したそうです。GigaZineに紹介記事が出ています。

Windows 10 Mobileの開発を終了させて,iOSやAndroid向けのアプリに注力するって書いてます。モバイル向けについてはプラットホーム獲得を諦めたってことですかね。

これは,Windows 10 Mobileユーザの私としては,ショックなニュースでした。
撤退する理由が,アプリ数がiOSやAndroidに大きく負けているからだということです。曰く,「開発者支援にも関わらず、Windows 10 Mobile向けアプリが潤沢にはリリースされなかった」だそうです。プラットホーム事業者がデベロッパーに見放されたということなのでしょうか。辛いところです。
お前らがアプリ作ってくれないならヤメてやるって逆ギレな感じもしないでもないです。

確かに,Windows 10 Mobileはアプリ数が少ないし,Lineアプリなんてバグバグだし,しょうがない部分もありますが,Windows 10のPCとの親和性が高く,割と使えると思っていたのですが。

そもそも,Microsoftは後追いのWindows 10 Mobileで,すでに市場を作り終えたiOSやAndroidを凌駕できると本気で思っていたのでしょうか。私としては,ニッチな企業向けに専念して,便利とセキュリティを両立させたプラットホームとして進んで欲しかったなぁ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です