〜 卓越した品質へ 〜

ITMediaが大学に入学した子供に購入してあげるべきPC”14の条件”という記事を出しています。今の時期に入学のネタが出るのは,9月が新学期の海外記事の翻訳だからですね。そんなわけで,私も子供にPCをプレゼントしてあげるシチュエーションを考えてみました。

一番最初に,ダサいことを嫌がる子供にAppleのMacBookじゃなくてMicrosoftのSurfaceを与えてはダメだと書いていて笑えました。MacBookとSurfaceを比較すると,やっぱりMacBookの方が洗練されているってことでしょうか。私は勉強で使うのなら,「今のところは」キーボードが必要だと考えているので,外付けキーボードのSurfaceは当然NGでMacBookも独特のキーボードタッチだから敬遠するかもしれません。

記事にはその他に,専攻によって必要なスペックが変わるとか,おさがりはスペックが古いからNGだとか,いろいろ書いてあります。子供は4年間で卒業するとは限らない(笑)から,買い替えも発生することを考えろ!などなど。。。

私が考えるに,工学部系の男子なら,MacBook Pro Retinaの15インチを買ってあげるか?でも,この手の男子は親があれこれ考えなくても,自分でほしいPCを見つけてきてくれるから問題なさそうか。多少重くても,スペックの高いPCを欲しがると思うなぁ。

文系の女子だと,軽いモバイルノートってことになるのかな?NECの軽いやつとかかな。女の子がLet’s Noteを持ってるってイメージわかないし,VAIOはすぐに壊れるイメージあるし。悩みどころです。私が悩んでも仕方ないんですけど。

そもそも,大学生って自分のPCを使って何をするんだろう?プログラミングだって答えるのは,一部の人だけのような気がするし。レポートを書くためかな。ニュースでレポートをケータイで書いているなんて読んだこともあるから,PCを買ってあげて,PCを使わせるというのは良いことなのかもしれません。

私が今の大学生だったら,親に何を買ってもらうかなぁ。自分で買ってくるって言ってお金をもらって,安いPCを買ってきちゃうかも(笑)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.