〜 卓越した品質へ 〜

ヤマト運輸が宅急便のドライバーの待遇改善のため?再配達などの指定枠を見直すと発表し,話題になっています。私もAmazonなどで買い物をしますので宅急便はよく利用しています。

ITMediaのニュースを見ると,再配達の受付締め切り時刻が20時から19時に変更になったり,着時間指定の時間帯が変更になったりしています。

確かに,宅配便は安い配送料で不在の家に何度も足を運んで,大変な仕事だとおもます。平日の昼間など,仕事に出ている人たちは,不在なのが確実なのに,一応届けに行かなきゃいけないでしょうし。再配達サービスが重荷になって来てしまったのかもしれませんね。

インターネットショッピングのように,自分で物を購入して配達してもらう場合は,着時間指定で在宅している時間帯に配達してもらえばいいかもしれませんが,そのほかの荷物は受け取る人の意向はあまり反映されていないので,再配達の手間が全くなくなるわけではなさそうです。

例えば,メールで荷物が届いたことを知らせて,配達して欲しい日時を連絡すると,その日時に配達してくれるようなサービスがあれば,再配達の手間は少なくなるかもしれません。そうなると,仕事をしている人は平日の夜か土日ってことになりますので,今後は,土日に配達する荷物の量が増えそうな感じですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です