〜 卓越した品質へ 〜

Mozilla FoundationがFirefox 52をリリースしました。どんどんブラウザも新しくなっていきますね。

今回のリリースでは,セキュリティが強化されたようです。

例えば,HTTPSでないサイト(暗号通信がされていないサイト)でユーザ名やパスワードを入力しようとすると,警告が出るようになりました。ITMediaのニュースサイトに実際に試した画面があります。

私も,自分でID/Pwdを入力する画面を作って試してみたところ,確かに「この接続は安全ではありません。ここに入力したログイン情報は漏洩する可能性があります。」というメッセージが出力されました。「詳細」と書いてあったのでクリックしてみたら,mozillaのサポートサイトにリンクされました。

今やSSL証明書も無料で入手することができる時代ですので,SSL化を進めていく必要があるのかもしれませんね。というこのサイトはまだSSL化してないのですが(笑)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です