〜 卓越した品質へ 〜

Mac OS XのNumbersはMicrosoftのExcelのような表計算ソフトです。今回紹介するのは,条件にあったセルの合計を計算するSUMIF関数です。こちらのページにはExcel互換のOpenOfficeでのSUMIF関数の使用例を紹介しています。

関数の文法は次の通り。
=SUMIF(範囲, 条件, 合計範囲)

・範囲
 条件が書いてあるセルを指定します。
・条件
 計算をする条件を指定します。
・合計範囲
 合計をする数字が書いてあるセルを指定します。

たとえば,こんな表があったとします。現金で支払った金額と,カードで支払った金額をそれぞれ合計したい場合などに,SUMIF関数が利用できます。こんな手順で計算を進めていきます。
Numbers_SUMIF1
(1)現金計の金額のセル(C6)を選択します。
(2)「数式」-「数式を作成」を選択します。
 Numbers_SUMIF2
(3)すると,右側に「関数」一覧が出てきますので,「SUMIF」を選択します。
Numbers_SUMIF3
(4)セルに条件などの関数のパラメタを設定していきます。
Numbers_SUMIF4
(5)「範囲」に条件を当てはめる範囲を選択。この例では「支払い」の項目になります。
(5)「条件」に条件を設定。この例では「=現金」と直接書いていますが,現金と書いてあるセルを選択してもいいです。条件を直接指定する場合には’=’を先頭に書く必要があります。また,直接入力するときは,文字を””で囲みます。
(6)「合計範囲」に値を合計する数値の範囲を設定。この例では,「金額」の項目になります。
Numbers_SUMIF5
(7)「return」キーを押すと数式の画面が消えて,セルに合計金額が入ります。

同様にカードでの支払いの合計も計算できます。説を選択して,SUMIFの計算式を直接書いてもOKです。今回の例では,”=現金”を”=カード”に変更するだけです。
Numbers_SUMIF6

無事に表が完成しました。
Numbers_SUMIF7

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.