〜 卓越した品質へ 〜

3月にMacBook Proのビデオボードの不具合で無償修理プログラムが発表されました。私のMacも対象機器だったので,出す気はあったのですが,もしMacを修理に出して2週間くらいかかると言われると困るなぁって感じで,延び延びになってました。今になってようやく修理に出してみました。

有楽町のビックカメラの7階にあるAppleの修理スペースに持って行って,見てもらいました。

無条件で交換するのかと思いきや,ビデオストレステストのプログラムを実行して,パニックになったり表示が消えた場合には修理になるそうです。このテストプログラムを15分くらいかけて実行して,私のMacはテストに合格して修理せずに済みました。ホッ。Apple修理スペースのお兄さん曰く,対象モデル全体にリコールをかけたけど,実際にこのテストプログラムでNGになるケースは少ないそうです。

それにしても,ビックカメラのApple修理スペースは大変な混雑でした。みんなiPhoneの種類で待たされていました。iPhoneとMacは別になっているので,私は全く待つことなく案内してもらえましたが,iPhoneの修理はかなり待たされているようで,かなりイライラしている人もいるようでした。

iPhoneの国内の販売台数を考えると,もっとサポート体制を充実させてもいいのかもしれませんね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.